魔法使いの交響曲シリーズ

紅い鬼子の子守唄

第3話 今夜の宿

 裏切ってしまった。 あのとき、亨はほたるに、助けを求めていた。ほたるはそれを振り払ったのだ。 無慈悲に。身勝手に。彼の「今まで」も「これから」も、一切顧みることなく。(どうして助けなんて求めるの?)(わたしにはどうしようもないのに)(わ...
紅い鬼子の子守唄

第2話 さゆり

 寮生活で使うことなどほぼなくなった定期券機能付きICカードに、数百円足せば実家に戻れるくらいの額が残っていたのは、やはり日頃の行いが抜群に良かったからに違いない。そうとでも思わないとやってられない。 しかしながら電車を乗り継ぐこと二時間...
紅い鬼子の子守唄

第1話 さりげなく

 まずは、偵察。(さりげなく……) 亨はカフェオレのカップを受け取ると、通りに面したカウンター席に移動し、ひとつ深く息を吸い込んだ。 支部のビルは、大きなウインドウの向こうに視認できる距離。 あの上層階に理仁がいるはずで、ここからであれば...
紅い鬼子の子守唄

プロローグ 紅い鬼子

 もう一度、会っておけばよかったな。  そんなのはわがままでしかなかったから、あたしは、あたしを誘拐する「魔王」の首に思いっきり手をまわした。 彼の肩越しに初めて見る、あたしのおうちだった場所が遠ざかっていく。――かあさま。 唇だけ...
木偶人形の茶番劇

エピローグ 見過ごせなくて

 ……かわいそう。 これまでの十五年で積み上げてきたものを、残虐な魔王の指の一振りで、砂のお城が波にさらわれるようにあっけなく失うなんて。 高遠風音は、亨の意識を追いながら、他人事にしては妙な緊迫感をもって、けれどやはり他人事なのでわりと...
木偶人形の茶番劇

第13話 かくして喪失は齎された

 ほたると別れたあと、寮の部屋に戻った亨は夕食もそこそこに部屋にこもり、千里眼を開いた。 対象はもちろん桜。その意識を追いかけようとするが、距離が離れているためか、なにかに阻まれているのか、意識を辿ることができない。「……ていうか、そもそ...
木偶人形の茶番劇

第12話 すべては愛するあなたのために

「……行っちゃったね」『まあ長居は無用だもんね』 十兵衛は亨たちを非常口まで送り届けた後、置いてきてしまった理仁を気にしてか、挨拶もそこそこに飛び去った。 それを見送った亨と、俯いたままのほたるが残る非常階段。沈黙の妖精ですらあまりの気ま...
木偶人形の茶番劇

第11話 母の記憶

 人でなし、と言われた。 忘れそうになっていた、かつての苦悩。やはり自分は人ではないのかもしれない。そんな苦しみを、いつしか気にも留めなくなっていた。忘れてはならない罪の意識が薄れていたのだろうか。  四条理仁は、籍上の名を能美廣光...
木偶人形の茶番劇

第10話 願いを叶えて、お人形さん

 贈り主の願いを、相手に届けるキューピッド。 手にした相手はどんな願いでも叶えてくれる。 明日、告白してほしい、とか。 雨の日に、ぎゅっと手を握っていてほしい、とか。 もちろん、今夜は身体中に触れてほしい、とかもアリ。 ね? 幸せを運ぶお...
木偶人形の茶番劇

第9話 人でなしたちの恋心

 春の初めにハイスクールへ転入して、早半年。 季節は秋。一ヶ月後には文化祭が開催される、そんな時期。 SLWハイスクールにも文化祭というものはある、らしい。村上によれば、エレメンタリーからハイスクールまでの計十二学年総出で開催される。もち...
タイトルとURLをコピーしました