魔法使いの交響曲

魔法使いの交響曲

第8話 独語

   あやのは、亨が目を覚ましたことに気づき「亨」と名前を呼んだ。  亨は虚ろな目をしていたが、しばらくして目の前のあやのに気づいたように、「おかあさん」と、声にはならなかったが、唇を動かした。  あやのは泣きそうになる...
魔法使いの交響曲

第7話 秘薬

  (ーどうか、亨だけでも助けて下さい……)と。  一心に祈っていたためだったのだろうか、男の医師がすぐ傍に立っていたことにしばらく気づかなかった。 「……あ、先生……? ごめんなさい、わたし……」 「奥さん、落ち...
魔法使いの交響曲

第6話 四番

   佐倉あやのは、消毒液のにおいがする温い空気の中、手術室の前で指を組んで祈っていた。 (神様、どうか息子たちを助けてください……)  連絡を受けてすぐに、単身赴任している夫に一報を入れてから病院に駆けつけた。夫もすぐ...
魔法使いの交響曲

第5話 誘拐

   月曜日。亨は例のごとく、時間ギリギリに女子寮の前に到着した。 「もう少し早く起きればいいだけではありませんか」 「小野さんはそういうの得意そうだけどね。俺は布団が恋人なの」 『トオルったら何言ってるの? トオ...
魔法使いの交響曲

第4話 昼食

   金曜日の昼休み。  亨は友人たちと食堂で昼食をとっていた。  話題は午前中の小テストの出来から、週一で抜き打ちテストを行うとある教師への不満を経て、この週末をどう過ごすかに移った。 「週末、どうする? 俺は数...
魔法使いの交響曲

第3話 夏日

  『……サクラトオル、ヨンサイ……』 『ゾウキ……ハレツ……』 『……ミャクハクガ……』 『センセイ、トオルヲドウカ……!』  いろんな人の声が聞こえる。  いろんな人がぼくの周りを走り回ってる。 ...
魔法使いの交響曲

第2話 菫色

 時刻は午後十時。  白い肌に、同じく白い、肩までの長さの髪を編み込んでうなじでまとめた、すみれ色の瞳の美しい少女が、SLWハイスクールの制服を身にまとって、ひとり、暗い夜道を歩いていた。  暗闇でも目立つその姿に、家路を急い...
魔法使いの交響曲

第1話 春眠

 その日、四歳の少年が自宅近くの公園でボール遊びをしていた。  公園の入口に転がっていったボールを、少年は追いかけて、道路に飛び出した。  ボールしか目に入っていなかった少年に向かって、猛スピードでトラックが突っ込んできた。 ...
魔法使いの交響曲

プロローグ 空声

 ー今日も、声が聞こえる。 『トオル、そこ、右辺が間違ってる。(a+b)(a-b)=a²-b²だよ』  幼い声に従って、俺はノートに書いた文字を消し、書き直す。  教室に響いているのは数学の教師の掠れた低い声だけで、生徒...
タイトルとURLをコピーしました